この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

116

雪桜

ほんの10分…だけど?
***
閲覧&オススメ&コメント、いつもありがとうございます。
ゆりが苦しんでいる背景で、飛鳥実はこんなことがあったのです。友達を守るために選択したいつもとは違う道…ですがその道は、この先ずっと続く後悔の道へと繋がってしまいます。勿論まっすぐ帰っていたとしても、ゆりか助かったかはわかりませんし、周り道をしなければ今度は飛鳥が危険に晒されていたかもしれません。でもいつもと違うことをしてしまったからこそ、それが後悔となって残ってしまいました。飛鳥は友達を守ろうとした結果、もっとも大切な人を失ってしまいます。そして、大切な人を増やすことを恐れるようになった飛鳥は、友達を作ることすら避けるようになり学校で無愛想に振る舞うようになります。そんな飛鳥の心を少しだけ開いたのが、この数年後に出会う隆臣だったというわけです。実は黄昏時編にもつながるエピソードだったりします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ