この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

72

雪桜

君の強さは、弱さを隠すためのもの。
***
閲覧&応援&コメント、いつもありがとうございます。さて今まで全部一人で解決しようとしてきた飛鳥が、10年たってやっと隆臣に"助けて"と言えるようになりました。これはきっと大きな進歩。
10年も?と思うかもしれませんが、トラウマを克服するってそう簡単なことではないと思うのです。関係が深くなるほど、壊れた時がより辛くなる。幼少期に家族が壊れゆくのを見てきた飛鳥だからこその弱さ。
実は第4話で「厄介なやつ」と隆臣が言っているのですが、そういっていた理由をやっと回収することができました。強さで塗り固められた飛鳥の弱さ。その厄介さを見抜いた隆臣。それがあっての4話であり129話でもありました。
しかし、4話の伏線を230話で回収とは長いですよね。一応4話の回収回でもあるので、サブタイも対になっていたりするのですが…気づいてくれた方いたら凄いな。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ