この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

8

愛野進

はい、八十六話です。ミナが光魔法を使えたなんて! 何で!?と思う方もいらっしゃると思いますが、この小説基本的に説明は全部後なので気長にお待ちください笑
今回、ナツキとダルクが邂逅しましたね。お互いハルナが好きなわけですが、ナツキ君は八つ当たりしています笑 共感されにくいかもしれませんが、ナツキ君にはダルクに対して思うところがあるわけです!こちらの動向にも注目してください!
あ、前回コメントで「あっさりしすぎて衝撃ではなかった」というものを戴きました。なるほど!つまり完全に私の技量不足であります!笑 難しいんですよね、文章で深み?を出すのが笑 しかし!わざわざコメントを出していただいたのですから、こちらもこれからもっと善処しようと思います! あんなさん、コメントありがとうございました!見てくださってることが分かるだけでもやる気になりますので! よーし、頑張っちゃうぞー!!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ