この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

85

山吹

山吹です。
長々とお付き合いありがとうございました!
今回はロメ22歳、ルチオは32歳の話です。
メイちゃんは2歳、パパ似です。
詳しくはオマケ話にて。
以下はドアの外の話。

 
「もー、ロメ氏にはロメ氏の伝えたいタイミングがあるんだよ!」
「せやかて、僕もルチオ君の役に立ちたいし、さりげなく父親の心構えとかをやな……」
「ぜんっぜんさり気なくないから!」
「ぱぱだめ!」
「め、メイちゃんにまで叱られたらパパ立ち直れへん! 許してメイちゃん!」
「やー」
「めいちゃーん……」

「うおおおおおおおっ!」

「わっ、今のルチオ君!?」
「あ、とうとう知ったんだ」
「ルチオ君、嬉しいよなあ。分かる、気持ち分かるで。人生最高の瞬間やんな」
「それは良かった。じゃ、もう一度味わえるね」
「え?」
「メイちゃん、お姉ちゃんになるんだよ」
「めーちゃん、おねーちゃん!」
「え?……ホンマに?」

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ