この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

279

カドナリリィ

黎人(赤城)は妻の由美子を溺愛していました。
それはもう、彼女との間に出来た息子さえ、疎ましく思ってしまう程に。彼が夜逃げする前に黒川さんに声をかけたのは、由美子に懇願されたからです。
まぁ細かいことは、番外篇『黒川 真人の往古』の方を読んでいただければと。

この作品が気に入ったら読者になろう!