この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

キルハ

最後が駆け足だったのは自覚しています。
もしかしたら加筆するかもしれません。
悩みに悩んだのですが、ひとまず終わらせようと言うのが、出した結論でした。
良い作品を生み出せる人はたくさん居ますが、それを終わらせるのはそれ以上に難しい事だと思います。
ではではここまで読んでくださってありがとうございました!!
あ!後日談とか書くかも?
あるいは続いたりして……。需要があれば……。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

2