この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

24

大野原幸雄

麻衣さんの立場ってよく考えるとかなり特殊です。
イノの上司ではありますが、具体的に支持を出すわけでもなく、ロストマンでもない。
でもたった一人で日本に帰ってきたイノにとって、かけがえのない存在という立ち位置で描きたいと思っていました。
また、今回のエピソード「フォレスト・ガンプその①~その③」をもって『たまには異能力ファンタジーでもいかがです?』は終わりになります。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ