この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

18

愛野進

カイ「え、この回本当に何だったの?」
イデア「要はお礼が伝えたかったみたい」
カイ「これ書いてる暇があった本編進めろってな。ただでさえ長いんだから」
イデア「進めるためにも必要だったんだよ、きっと」
カイ「更に終わり方なにあれ」
イデア「むぅ、終わり方については途中退場したカイに言われたくないっ」
カイ「逆に何で俺退場させられたの!?」
イデア「五月蠅いから」
カイ「どこら辺が!?」
イデア「そこら辺が。それにしてもこのお礼回だけで3249字だって。作家コメントの400字じゃ足りないという作者の気持ちが少しだけ分かったような気がする」
カイ「普通に書きすぎだろ」
イデア「そう言えば、百話直前ってことだけど、具体的に今話数いくつなの?」
カイ「んーっと、確か最初の登場人物紹介除いて98とかだったはず」
イデア「本当に直前だね……」
カイ「待てなかったのかよ……」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ