この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

14

愛野進

補足しているつもり回
カイ「エイラ、悪魔の翼のことで聞きたいことがあるんだけど」
エイラ「何ですか?」
カイ「いやな、翼を出した時に服破けるのかなって。ほら、翼って背中から生えるものだろ?」
エイラ「ああ、それなら全然問題ありません。天使族含め私達の翼はどちらかというと魔法に性質が近いです」
カイ「魔法に?」
エイラ「はい、この翼は身体の一部でありながら魔力の塊なんです。なので、簡単に消したり出したり出来るんですよ」
カイ「なるほどな、魔力の塊だから服の上から形成することも可能だと」
エイラ「そういうことです」
カイ「じゃあ腕から翼生やしたりも出来んの?」
エイラ「身体の一部だって言ってるじゃないですか、翼の形成できる箇所は決まっています。カイ様だって額から腕は生やせないでしょう」
カイ「何だよその喩え……」
エイラ「はぁ、カイ様は脳を作り忘れてますよ」
カイ「おまえは優しさな」

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ