この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

15

愛野進

~年齢回~
カイ「なぁエイラ」
エイラ「この始め方前もしましたけど」
カイ「エイラって歳いくつ?」
エイラ「死にたいんですか?」
カイ「いや待って魔法使わないで!だって、悪魔族って人族と寿命全然違うんだろ?どれくらい違うのかなって」
エイラ「そういうことですか。簡単ですよ、人族の三倍くらいです」
カイ「……てことは、同じ時に生まれたとしても俺が百歳の時にエイラは人換算で言えば33歳くらいってことか?」
エイラ「カイ様にしては計算早いですね。そういうことです」
カイ「うわー、凄い生きるじゃん。じゃあエイラって見た目20代後半だし三倍して今7、80代か。おばあちゃんじゃん」
エイラ「死にたいんですね(^^)」
カイ「確定申告!?」
エイラ「悪魔族で言えばまだ若々しい女性ですよ。何てこと言うんですか」
カイ「精神年齢は高そ――」
エイラ「死んでください」
カイ「ヒイィ」
天使族も人族の三倍です☻

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ