この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

12

愛野進

カイ「いやー、今日の文字数9934文字だって。上限一万だもんな」
イデア「Wordだと大体11ページだね」
カイ「本だと更に右ページと左ページに分かれるから22ページ分だぞ」
イデア「つまり、もし全部この調子だとしたら15話分で大体小説一冊分だね」
カイ「ま、全部この調子じゃないんだけどな。ところで今何話投稿してたっけ?」
イデア「115話だね」
カイ「うわ、仮に全部そうだとしたら小説七冊分くらいあるじゃん!」
イデア「ま、出す予定は皆無なんだけどね」
カイ「てか、データ飛んで以前の内容はもうコミコにしか残ってないんだけどな」
イデア「それにしてももう115話なんだ、早いね」
カイ「前に『百話目直前』回やったばっかりなのにな」
イデア「気づけばもう15話更新してるんだ」
カイ「あと「3」は二十話くらい?」
イデア「もっとあると思うけど」
カイ「長くね!? 早く俺たちを出してくれ!!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ