この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

9

愛野進

イデア「ふんふ~ん♪」
カイ「お、イデア、厨房で何やってるんだ?」
イデア「え、カイ!?だ、ダメだよ入ってきちゃ!」
カイ「そう言われると入りたくなるのが――」
エイラ「馬鹿の性ですよね」
カイ「エイラ!?」
エイラ「お馬鹿様は向こうで私とみっちりお勉強しましょうね」
カイ「ま、待て!勉強ならさっき死ぬほどやったろ!!?」
エイラ「死んでないということは勉強が足りなかったということです」
カイ「もう殺したがってるじゃん!殺害手段として勉強させようとしてるよねえええ!」
イデア「…ふぅ」
ミーア「危うくバレるところだったね、イデアちゃん」
イデア「ミーアさん」
ミーア「でも本当にお兄ちゃんには出来た奥さんだよ。こっそりケーキを作ってあげるなんて」
イデア「いえ、私が作りたかっただけなので」
ミーア「ところで何のお祝いケーキなの?」
イデア「祝結婚生活三日目です!」
ミーア「日刻み(⌒∇⌒)」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ