この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

13

愛野進

カイ「ふぁあ、おふぁよー」
ミーア「起きるの遅いよー」
カイ「いやー昨日は夜更かししちゃって」
ミーア「あーあダメなんだー」
ゼノ「止める側のエイラはどうした?」
セラ「そういえばエイラがいないわね」
カイ「エイラと夜更かししたから、あいつ今寝てんじゃないか?」
ゼノ「あいつ何やってんだ」
セラ「どうせカイが無理やり構ってもらったんでしょう」
カイ「エイラもノリノリだったぜ、宝探し」
ミーア「宝探し?」
カイ「ああ、絶対親父が何かこの城に隠してるって話になってな」
ゼノ「何やってんだよほんと!」
セラ「で、あるんですか?隠しもの」
ゼノ「セラ何でそんな怖い笑顔でみるの?」
ミーア「あー、さてはあるなぁ!」
ゼノ「ないから!」
カイ「……まーそういうことにしといてやろう!」
ゼノ「おま、何もなかっただろ!」
カイ「さぁてね(何もなかったけど)」
セラ「ゼぇノぉ?」
ゼノ「落ち着いてくれ!!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ