この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

9

愛野進

~本編その後~
シノ「セラ、話って……って何やってるの、二人共」
セラ「ぐすっ、あ、シノお姉様とエクセロお姉様も」
エクセロ「お母様、帰っていらしたの」
アイ「ええ…そうだわ、二人もこっちに来なさい。セラを慰めてあげなさいな」
シノ「慰めるって、何があったわけ?」
エクセロ「とか言いながら躊躇なく近づいていきますわね…」
シノ「そりゃそうよ、合法的に母様とセラを抱きしめられるんだから」
エクセロ「合法的ってなんですの…」
アイ「私は抱きしめなくていいのだけど…というか抱きついてとは」
シノ「いいからいいから、えい!」
エクセロ「…な、何かずるいですわ!」
アイ「ちょっと、そんなに抱きつくとセラが潰れちゃうわよ」
セラ「いいえ、嬉しいです!お母様もお姉様方も本当に大好きですっ」
シノ「…セラって末女って感じするわね」
エクセロ「可愛い小動物みたいですわ」
アイ「尻尾が見えるわ…」
セラ「?」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ