この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

8

愛野進

ルーシェン「イデア!」
イデア「どうしたのですか、お父様」
ルーシェン「イデアがカイ君に構ってばかりだからお父さんは寂しいんだ!さぁ、抱きついておいで!」
シャル「加齢臭が移りますよ、イデア」
ルーシェン「酷い!」
イデア「近くに居なくたって、ずっとお父様もお母様も大好きですよ」
シャル「あら、ありがとう」
ルーシェン「……やんわり近くに行って抱きつくのを断られたような。……だが、カイ君には敬語じゃないだろう!」
イデア「それはカイですから」
ルーシェン「お父さん悔しい!!」
シャル「義理の息子に嫉妬しないでくださいよ」
カイ「おーい、イデアー!」
イデア「あ、カイ!それではお父様もお母様も、失礼します!……もう、恥ずかしいんですから一回だけですよ!ぎゅっ」
ルーシェン「あああ、本当にうちの娘は可愛いいいいいいいい!」
イデア「も、もう離してください!」
シャル「うちの夫が気持ち悪い」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ