この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

愛野進

エイラ「カイ様、セインって相思相愛じゃなきゃ能力を発動できないんですって」
カイ「へー……あれ?」
エイラ「カイ様、最初からずばーんとレーザーみたいの出してましたよね?」
カイ「じゃあなに、俺、あの時からイデアのこと好きだったってこと?」
エイラ「どうなんでしょうね、そもそも情報筋が全く信用出来ないのであれですけど」
カイ「イデアに出会ったばかりだったのに?」
エイラ「そうですね」
カイ「旅の最中に悩んでた意味は?」
エイラ「ないですね」
カイ「イデアに待ってもらった意味は?」
エイラ「最低ですね」
イデア「カイ、愛に理屈なんてないんだよ。好きかどうかは一日で分かるの」
エイラ「それは言い過ぎでは……」
ゼノ「まぁシロも出会ったその日にセインくれたし」
ダリル「メリルも出会ったばかりなのにアプローチ凄いし」
エリス「シオルンも出会ったその日だったなぁ……」
カイ「イデアの種族やべえ……」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ