この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

愛野進

シェーン「おいゼノ、いつまで保留にしているつもりだ!!」
ゼノ「いや、もう少し待って欲しいっていうか、皆知ってるのか?」
シェーン「そりゃ私はセラ様の従者だぞ!知っていて当然だ!」
ゼノ「……ていうかアグレシアは?一番発狂しそうなもんだけど」
シェーン「現在監禁中だ」
ゼノ「……ん?」
シェーン「セラ様の告白を知った途端お前を殺しに行こうとしたのでな。流石に戦争前に大切な戦力を失うわけにもいくまい。ゆえに監禁中だ」
ゼノ「監禁してる時点で戦力失ってね?」
シェーン「大丈夫だ、食事は与えている。ただ今や唸り声をあげる獣に成り果てているからな。あの獣を悪魔へ放つのが楽しみだ」
ゼノ「悪魔はお前だ」
???「ゼ…ノ……ぉおオオオオ!」
シェーン「まずい、獣が脱走したようだ!」
ゼノ「管理体制悪くね!?」
アグレシア「ゼノ殺すうううううう!」
ゼノ「大切な戦力がぁああああああ!!」
…BADEND

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ