この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

愛野進

イデア「カイってあんまり好きって言ってくれないよね…」
カイ「急にどうした!?」
イデア「わたしはいっつも暇さえあれば伝えてるのに…」
カイ「暇さえあればて…。いや、…ほら!言い過ぎて言葉が軽くなってもあれだろ?」
イデア「それって、もう私の気持ちは軽くなってカイに届いてるってこと…?(´;ω;`)」
カイ「え、あ、いや嘘!今の滅茶苦茶嘘!!本当は凄く照れてるだけだから!!イデアの言葉でいつも心臓バクバクだから!!」
イデア「…じゃあ証明して?私の事が好きだって」
カイ「しょ、証明って言ったって…」
イデア「結婚してから、全然キスしてくれないよね」
カイ「そ、れは…」
イデア「私の事、嫌い…?」
カイ「……目ぇ、閉じて」
イデア「……うん」
……
イデア「あれカイ、顔真っ赤だよ?」
カイ「最初から揶揄ってたな…」
イデア「キスしたかったのは本当だよ」
カイ「…」
イデア「大好きだよ、カイ」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ