この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2

愛野進

カイ「ひー、夜はやっぱ寒いな」
イデア「お日様がいないもんね」
カイ「寒くないか?」
イデア「こうやってくっつけば大丈夫」
カイ「っ、な、何で急に星を見たいなんて?」
イデア「今日は雲もなくて綺麗だったから、カイと見たいなって」
カイ「確かに綺麗だなぁ」
イデア「周りに光がなくてもっと綺麗」
カイ「この湖、魚が釣れるだけじゃなかったんだなぁ」
イデア「いつも釣れないけどね」
カイ「…流れ星にお願いしよっかな。魚が釣れるように」
イデア「私はカイとずっと一緒に居れますようにってお願いする」
カイ「イデアより魚とったみたいじゃん、俺」
イデア「獲れてないけどね、魚」
カイ「そんなに魚釣れなきゃ駄目かな?!」
イデア「うふふ、大丈夫。魚は釣れないけど、私は釣れたよ?」
カイ「…//」
イデア「私を釣ってくれて、ありがとね」
カイ「…魚が釣れないのは、もう大切なもんを釣ってるからかもなぁ」

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ