この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

愛野進

ゼノ「セラ!」
セラ「あ、ゼノ!丁度探していたんです。お弁当を作ってみたので食べませんか?」
ゼノ「っ、食べる食べる!」
セラ「どうですか」
ゼノ「マジで旨いな…」
セラ「うふふ、ありがとうございます」
ゼノ「昔は失敗ばっかりだったのにな」
セラ「い、いつのことを言ってるんですか!私だって一杯頑張ったんです!」
ゼノ「うん、料理からちゃんと伝わってくるよ。やっぱ愛する人の作ったもんが一番うまいな」
セラ「真面目な顔して何言ってるんですか…///」
ゼノ「本当だって。さっきイデアちゃんのもこっそり頂いたんだけどやっぱセラの方が旨いよ!愛情だなぁ」
セラ「もう、勝手には駄目ですよ。ちゃんとイデアさんに謝りました?」
ゼノ「しっかり美味しいよって伝えておいた!」
セラ「はぁ…ほら、謝りに行きますよ」
ゼノ「え?」
セラ「昔はこんな…いえ、昔も馬鹿でした…」
ゼノ「馬鹿!?」
次回、エピローグ!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ