この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

愛野進

「4」一話後日談
カイ「…母さん、もういいよ。ありがとう」
セラ「あら、遠慮しないで。もっと抱きしめさせて」
カイ「~~っ///恥ずかしいんだよ!」
セラ「周りには誰もいないわ?」
カイ「そういう問題じゃない、のっ!」
セラ「きゃっ…もう。カイもそういう年頃なのね。ミーアはまだまだ全然抱きついてくれるわよ?」
カイ「同性同士ならそうでしょうね!?てかあいつまだ子供だし!」
セラ「私にとってはカイも、デイナもライナスもず~っと子供よ?」
カイ「…兄貴達にもやってるの?」
セラ「勿論。二人共嫌がるけどそんな拒絶もしないし」
カイ「…諦めてるんだろうな」
セラ「要はね、どんなに歳を取ったって皆私の子供であることは変わらないってこと。だから、悩んだり辛かったりする時はいつでもおいで?」
カイ「…ありがとう」
セラ「…それにしても、うちの子供は本当に可愛いわね!」
カイ「く、来るな親馬鹿ーーー!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ