この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4

愛野進

シーナが来る前の日常
ミーア「お兄ちゃん早くしてよ!次の店で今セールやってるの!売り切れちゃうでしょ!」
カイ「もういらねえだろ!?こちとら持ちきれないわ!」
ミーア「男の癖してだらしない!ダリルはその倍持ってくれたよ!」
カイ「ダリルもやらされてんのかよ…。というか魔法使えよ!」
ミーア「…はっ!?」
カイ「いや「はっ!?」じぇねえよ!ふざけんな!」
ミーア「で、でもこんなに人がいると無暗に使えないでしょ!いいの!どうせお兄ちゃんいるんだし!いつも暇でしょ!」
カイ「何だと思ってやがる…」
※※※
カイ「ということがあってさ、結局魔法を使わず人を使うんだ、アイツ」
セラ「そう。きっとお兄ちゃんと遊びたがっているのね」
カイ「ミーアがぁ?昔は後ろをついてきてたけど、今はツンツンしてるぞ」
セラ「素直になれないだけよ、カイと同じでね」
カイ「え?」
セラ「結局手伝ってあげる癖に」
カイ「…」

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ