この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2

愛野進

イデア「カイは季節だと何が好き?」
カイ「夏、かな。動きやすい恰好が好きだし」
イデア「普段軽装だもんね。でも私は冬なの」
カイ「何で?」
イデア「寒いとカイにくっつく口実になるでしょ?」
カイ「…可愛すぎか。というか口実無くても抱きついてくるじゃん」
イデア「うん、カイに触れるの好きなの」
カイ「…俺、よく我慢してるよな」
ゼノ「今までよく我慢したな、カイ」
カイ「親父ぃ…!」
ゼノ「だが今こそ男を見せる時、そして俺へ孫を見せる時だ、カイ!」
カイ「あんたはどんだけ孫が見てぇんだ!」
イデア「私もカイとの子供、欲しいよ?」
カイ「―っ///」
ゼノ「あーあ、女性に先に言わせるなんて―」
イデア「でもどうやって作るの?」
カイ・ゼノ「…」
カイ「ちょ、教育係誰ぇー?サボってないー?」
エイラ「はい、教育しに来ました」
カイ「助かった!」
エイラ「不埒な輩をね」
ゼノ「っていや俺らかよ!?」

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ