この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

愛野進

ゼノ「成長したなぁ、メア」
メア「でしょ!絶世の美女でしょ!」
アキ「確かに綺麗になったわ」
メア「私だってもう大人だよ!」
ゼノ「ほー、なら持ってきたケーキは要らないな」
メア「いるー!」
アキ「大人だってケーキは食べるわよ…」
ゼノ「こんな風に飛びついてか…?」
メア「わーい、ショートケーキだ!」
アキ「…」
メア「アキも一緒に食べよ?」
アキ「食べるけど…」
ゼノ「メア、最近天界でどうだ?」
メア「別に。…あ、そう言えば他都市にいる貴族から求婚の手紙貰ったの!」
ゼノ・アキ「は!?」
ゼノ「それで答えは!?」
メア「勿論断ったわ!ゼノくらい強くてカッコよくないと!」
ゼノ「…(^▽^)」
アキ「はぁ、自分の将来なんだからしっかり決めなさいよね」
ゼノ「そうだぞ、じゃなきゃアキみたいに婚期逃―」
アキ「もう逃がさないわ。ゼノの命もね」
ゼノ「ごめん!」
メア「本当に二人は仲良しだね!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ