この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

愛野進

 どうも愛野進です。無事六月も終わり、とりあえず山場を越えたのでこうしてまた更新を再開します!といっても、そんなに期間を空けていたわけでもありませんが。二週間くらいですし(長い)。
 さて、そんなこんなをしている間に第一章も十四話です。話数が増える度に一話分の内容も増え、一章分の内容も増えているような気がします。既に「4」に入ってから単行本的な計算をすれば、220頁近く書いているようです。どっひゃー。まだ一章の癖に書き過ぎ。それだけ内容が終わりに近づいているということなのかもしれません。
 この話の最後に懐かしい名前が出てきました。覚えていてくれているかな? 「2」の第二章第八話~第二十一話まで出て来ていた彼です。本当にこれまでの全てが終着へと向かおうとしているのが良く分かりますね。出てきた全てが、繋がって重なって、理想へと突き進んでいきますので。
今後も読んでいただけたら幸いです!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ