この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

愛野進

 どうも愛野進です。次回で第二章も終わり、いよいよ終盤に入る予定です!
 とはいえ、最近は微妙に投稿ペースが落ちてきましたね!まぁ、先週は本当にやらなければならないことばかりだったし? 平日は帰ってきたらバタンキューですし?基本土日しか作業できなくなってきたからですね!
 という、言い訳でした(^▽^)/ 言い訳して良いわけ以下省略!
 さて、今回の章ではエリスとウェルムがメインではありました。王子としてだらしないエリスと、王としての責務を全うするウェルム。反対の存在ゆえの衝突が描けたのでまぁ良かったかなと。プラスで、独りじゃないとイデアに気付かせてもらったカイと、独りで背負い続けていたウェルムという構図もいつの間にか完成していたので(本当に気付かぬうちに)、良きかな良きかな!
 いつも見てくれている方、本当にありがとうございます!ちっぽけな作品ですが、今後も見てくれると嬉しいです!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ