この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

愛野進

カイ「よう、ダリル…って、なんか疲れてないか?」
ダリル「…カイか。ちょっとな」
カイ「何だ、またメリルにでも揶揄われたか?」
ダリル「うーん、揶揄われたというか遊ばれたような…」
カイ「それを揶揄われたと言うんじゃ…。何されたんだよ」
ダリル「っ、言えない、言えるわけないだろ!!」
カイ「あ、ちょっ、ダリル!! …マジで何されたんだよ」
※※※
イデア「あれ、メリル姉様。何だかとっても機嫌がいいですね」
メリル「あ、イデア!分かる?最近は良いことばっかでね!」
イデア「どんな良いことがあったんですか?」
メリル「それは…イデアにはまだ早いかなー」
イデア「え?」
メリル「あと数年したら教えてあげるわ!それじゃ!」
イデア「あ、いっちゃった…」
カイ「今のメリルか?やけに元気だったけど…」
イデア「良いことあったんだって」
カイ「二人揃ってどうしたんだ…」
知らないこともまた幸せ(^▽^)

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ