この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

31

愛野進

カイ「ふぅ、本当にエイラって素直じゃないよな。最初っから素直に喜べっての」
エイラ「カイ様に言われたくありませんね。この天邪鬼」
カイ「おまえにも言われたくねえよ!」
イデア「二人共似た者同士だよね」
ミーア「類は友を呼ぶもんね」
ダリル「ミーアはたぶんカイ達側だぞ」
ミーア「何で!?」
セラ「基本的に私以外のレイデンフォートは皆素直じゃない気がします」
ゼノ「俺もか!?」
エイラ「ゼノは当然でしょう。むしろ子供達が皆素直じゃないのはゼノのせいでは?」
ゼノ「ぐっ……!そ、そんなことよりもエイラ、どうだった暇は?楽しかったか?」
エイラ「うわー、話逸らした上に随分酷いこと聞いてきますね。楽しかったように見えましたか?」
カイ「でも、言うて里帰りなんだろ?どうだった久しぶりの魔界は」
エイラ「……私、魔界初めてでしたよ」
カイ「え!?何で!?」
エイラ「その話はまた今度(^_^)/~~~」

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ