この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

20

愛野進

ゼノ「はいこれで次回から俺達がメインー」
セラ「ゼノ、何か発言が子供っぽいですよ」
エイラ「ゼノが子供っぽいのはいつものことです」
カイ「ちぇっ、次回から出番なしかー」
イデア「どーする、カイ。暇になっちゃうけど」
カイ「んー、じゃあこのコメント欄は占領しよう」
ゼノ「何だと!?」
カイ「コメント欄くらい良いだろうが! 親父達の物語を聞きながら俺とイデアでメタい話をばんばんしていくよ」
ゼノ「くそっ、これに乗じてタイトルも変えようと思っていたのに……!」
カイ「いや、乗っ取らせないから!主人公はあくまで――」
イデア「私!」
カイ「イデア!?」
イデア「いつまでもヒロインの座に収まっている私じゃないよ!」
カイ「ヒロイン兼主人公だと!? なんて強欲な……!」
イデア「さて、そんな私から連絡です!皆さんからのコメントには基本的にカイと私で返事するので気が向いたらどしどし送ってくださいねー!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ