この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

18

愛野進

カイ「うへー、人間は地下に追いやられてたんだな」
イデア「息苦しそうだね、窮屈で頭おかしくなりそう」
カイ「発狂しそうだよな」
イデア「カイじゃ二秒ともたないね」
カイ「囚われんの嫌いだしな俺」
イデア「それにしてもお義母様も同タイミングで反乱を起こそうとしてるなんてね」
カイ「これも相性がいいってか? ぶっちゃけ親父と母さんの馴れ初めってあんまり聞きたくないんだよなぁ」
イデア「なんで?」
カイ「いや、ほら、微妙な空気になるというか微妙な気持ちになるというか」
イデア「私は聞きたいな。でもってキュンキュンする話がいい」
カイ「女ってそういう話好きだよな」
イデア「カイは嫌いなの?」
カイ「弄りやすくなるから好き」
イデア「サイテー。そのくせして自分が弄られるの嫌いなタイプだ」
カイ「べ、別にそんな――」
イデア「私はカイのこと好きだよ?」
カイ「な……!」
イデア「これで顔真っ赤だもん」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ