この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

17

愛野進

カイ「結局エイラは何がしたかったんだろうな」
イデア「真実はまた今度って感じだね」
エイラ「その方がミステリアスな感じが出て良いじゃないですか」
カイ「おい、出てくんなよ!俺達の登場出来るのここしかないんだから文字数使うな!」
エイラ「ふっふっふ、そう言われると余計に使いたくなりますね! あはははははははははは!」
イデア「エイラさんが壊れた……」
カイ「こいつのどこがミステリアスなんだよ……。意味絶対はき違えてるだろ」
エイラ「いえ、ちゃんとわかってますよ。ミステリアスっていうのは、カイ様をいじめたい人のことですよね?」
イデア「それはミステリアスに間違いありません!」
カイ「間違いしかありません!」
イデア「エイラさん、私にミステリアスの極意を教えてください!」
エイラ「いいでしょう、私の鍛錬は厳しいですよ?」
イデア「お願いします!」
カイ「その厳しさ全部俺に返ってくるんだよなぁ」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ