この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

16

愛野進

カイ「おー、ここでかー。なぁイデア、あの竜って間違いなく――」
イデア「カイ、駄目だよ。まだ分かってない人もいるかもしれないでしょ」
カイ「いや、ここまで来て分からん奴はいないって」
イデア「そう? じゃあ、カイに問題ね。私の誕生日っていつか知ってる?」
カイ「いやちょっと待って! それ本編で明かされてないよね!?」
イデア「明かされてなくても分かるんでしょ?」
カイ「伏線も何もないんだから無理だって!」
イデア「……カイ、私達って結婚してるよね?」
カイ「え、うん、何だよ急に」
イデア「結婚してるのに、私の誕生日知らないんだね。私はカイの誕生日知ってるのにね」
カイ「え、いや、、」
イデア「カイなんて知らない!」
カイ「いや、ちょっ……!」
(イデア退場)
カイ「……イデア、これは俺が悪いっていうか誕生日とか考えてない作者が悪いんだって。てかなのに何でイデアは俺の誕生日知ってるの!?」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ