この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

16

愛野進

~とある日常~
カイ「なぁイデア、ここにあったおれの木刀知らないか?これからダリルと訓練するんだけど」
イデア「この前カイが自分でへし折ってたよ」
カイ「いやいつだよ!? 自分で折るかっ!」
イデア「……忘れたの?」
カイ「……ん?」
イデア「カイ、寝ぼけて木刀に躓いたの覚えてないの?」
カイ「あー、そんなことあったっけ?」
イデア「結構大きな音出して転んだでしょ。その時に折れたの。お陰で起きたんだから」
カイ「そんなことがあったような無かったような……」
イデア「そのままカイ、「誰だよこんなところに物置いた奴!」って言って折れた木刀を窓から外に投げてたよ」
カイ「だ、誰だっけ置いた奴」
イデア「カイ」
カイ「だよなぁ……!」
イデア「よく忘れてたね」
カイ「寝起き悪くてさ」
イデア「寝起き悪くて記憶なくすの?一緒に寝てる時は大人しいのにね」
カイ「イデアに抱きつかれて動けないからな……」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ