この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

14

愛野進

~とある日常~
カイ「ヴァリウス、ちょっと連れて行ってもらいたいところあるんだけど」
ヴァリウス「え、女湯?ちょうど俺も行こうとしてたんだよね、よし行こう!」
カイ「いや違えよ!?てか行こうとすんなよ!」
ヴァリウス「素直になりなよカイ。僕は君の魔力のお陰で君の性格に近くなったんだよ?つまり、僕が女湯に行きたいということはカイも行きたがっているということなのさ!」
カイ「アホなの!?」
イデア「カイ、女性用のお風呂入りたいの?」
カイ「ちょ、イデア!?いつの間に――」
イデア「男性用とあまり変わらないと思うけど、じゃあ今度一緒に入ろうね」
カイ「え、いや……え!?」
ヴァリウス「あ、じゃあ僕も――」
イデア「カイ以外の人に裸見られたくないから駄目です。それじゃ、今度ねカイ」
カイ「……一緒に風呂はマズいだろ、な、ヴァリウス」
ヴァリウス「僕もカイなのに……」
カイ「その認識を改めろ!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ