この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

13

愛野進

~とある日常~
ゼノ「なぁエイラ、カイ(七歳)はどこだ?」
エイラ「カイ様ならいつもの湖ですよ」
ゼノ「あれ、今日は行かないのか?」
エイラ「今日はセラ様が一緒なので。たまにカイ様から離れないと死にたくなるんですよ、厄介過ぎて」
ゼノ「親の前でよく言うよな」
エイラ「まったく、どこのゼノに似たんだか」
ゼノ「選択肢あるようでないよね」
ミーア(五歳)「お父さん、エイラ、遊ぼうよ!」
エイラ「あらあら、カイ様の次はミーア様ですか」
ゼノ「何をして遊ぶつもりなんだ?」
ミーア「えっとね、ドロッドロの三角関係ごっこ!」
ゼノ「ちょっと誰こんな遊び教えたの!」
エイラ「私です」
ゼノ「何してんの!?」
ミーア「お父さんとエイラが私を取り合うの!ね、始め!」
エイラ「ミーア様は渡しませんよ!」
ゼノ「あっ、ミ、ミーアは俺のものだ!」
ミーア「私は二人共大好き!ギュッ!」
ゼノ・エイラ「(⌒∇⌒)」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ