この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

17

heim

季節外れの雑煮デー。
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
正月7日も過ぎましたけど、鏡餅割る辺りまでは粘ってみたい往生際の悪さを発揮しております。お正月にはお餅が結構出ますけど、年中食べても構わないんじゃないかなと思う程度には餅好きです。ただ食べ方に毎度困るので、そんなに量が消化できる訳でもない悲しみ。
桂木は経営者としては目敏いというか無理のない範囲で工夫を凝らせるタイプです。雑煮デーも、なんだかんだと成功させます。山田が困ってるからじゃなく、単に餅がいっぱい手に入るならーってとこから思考してる辺り、単なる人の良さだけではないです。仮に困ってるからってだけで思考してたら、適当に周りの子にばら撒いてた……気もします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ