この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

21

heim

たまに、ごくたまに大人の風格を見せる同級生。
__
閲覧・オススメ・お気にいり・コメントありがとうございます!
まだまだ相互理解の足りない時期ですが、そういうのは学校生活の中で少しずつ埋めていけばいいのです。桂木はアホの子ですが、相手の嫌がりそうなことをするアホではないです。そして接客業の厳しさと、お金を稼ぐことの大切さは山田よりも理解してます。山田は、たまにこういう場面で桂木がそういう大人だってことを思い出す感じ。普段は結構忘れてただの同級生してますが。普段はただの同級生をしてくれる山田だからこそ桂木も懐いてます。
桂木が遅い時間に現れたのは、学校で用事があったからです。校長との面談など、桂木故の特殊なものは主に夜にやる以外にないですから。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ