この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

13

SMB

作者の戯言②......このお話を書く時に1番に浮かんだのは、ヒロインちゃんと主人公の別れのシーンと出会いのシーンです。
出だしでスタートとゴールを決めてしまったので、それを最後まで繋げていくだけだから楽だなぁと思いきや、そうでも無かったので物語を考えるのは本当に難しいと痛感しました。
話の基礎は「赤い頭巾をかぶった少女」の話になりましたが、最初のヒロイン役は「マッチを売り歩く少女」と考えていたのです。
それが色々と考え直した結果、今の状態に落ち着きました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?