この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

ときぐろ

シ   オ:「トルタサラータおいしかったな。また作ってよ」
ミルーシェ:「いいよ。マーおばさんと一緒に作る約束したし、パン屋のおじいさんも釜貸してくれるしね」
シ   オ:「……」
ミルーシェ:「何? その遠い目は」
シ   オ:「いや。どんどんミルが、主婦として近所のコミュニティに溶け込んでいくなぁって……」
ミルーシェ:「誰のせいだよ。だ・れ・の!」
シ   オ:「え?」
ミルーシェ:「シオが変な風に僕を紹介するからだろ! すっかり『シオの新しい彼女』で定着して、どんなに否定しても『照れちゃって』とか言われるんだよっ。僕が男だってことも含めて誰も信じてくれないんだ!」
シ   オ:「冗談のつもりだったんだけどなぁ(笑)」
ミルーシェ:「しゃれにならないんだよ(怒)」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ