この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

ときぐろ

……前回の続き!
ロ   イ:「成るほど。そういう事でしたら、スケジュールを調整してみましょう」
ミルーシェ:「え? いいんだ……」
シ   オ:「話が分かるねぇ〜、ロイ隊長。君こそ、宮廷に勤めっぱなしで家の大掃除はどうするのさ?」
ロ   イ:「執事が采配してくれますので心配には及びません。必要であれば、シオ様のお宅にうちの者を寄越しますが?」
シ   オ:「いらないよ。スラム街の長屋にぞろぞろ来られちゃ迷惑だ。ミルと一緒に掃除するひとときを邪魔しないでくれ」
ロ   イ:「…………そうでしたか! 大変失礼致しました」
ミルーシェ:「何ですか? その間と驚きはっ(意:何かを誤解してませんか?)」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ