この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

ときぐろ

ミルーシェ:「目を殴られた後、視界が歪んで変な感じになったんだ。でも、一日くらいで違和感がなくなったよ」
シ   オ:「眼球打撲か。ミルの目が破裂しなくてよかった〜。もしそんな事になったら俺、犯人の両目を潰してなぶり殺しにしてしまうかもしれないな」
ミルーシェ:「……さらっと怖い事言わないでよ」
シ   オ:「そういえばさ。作者のときぐろも、ボールが眼球直撃して視界が歪んだそうだよ。ぺっちゃんこになって見えるから不思議な感じだったんだって」
ミルーシェ:「そう、それ。まさにそんな感じだよ!」
シ   オ:「ふうん。見え方に違和感がなくなったのはいいけどさ、それって本当に治ってるのかい? ぺっちゃんこの視界に目が慣れただけっていう説はないの?」
ミルーシェ:「え? ああ、うーん……どうなんだろ?」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ