この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

8

ときぐろ

ミルーシェ:「今回も閲覧ありがとうございます!」
サラティアナ:「ねぇ、私はいつになったら出番が来るの?」
ミルーシェ:「うわ、サラ! 急に出て来るからびっくりしたよ」
サラティアナ:「だって待ちきれなかったんだもの。このままじゃ私、読者さんに忘れられちゃうじゃないのよ」
ミルーシェ:「大丈夫だよ。一応ヒロインなんだからさ」
サラティアナ:「一応? 一応って何よ。本当のヒロインは自分だとでも思ってるわけ⁈」
ミルーシェ:「え? (青ざめ)やばっ、言葉の選択ミスった……」
サラティアナ:「残念だったわね! ミルは女の子より女の子らしいかもしれないけど、一応男だからヒロインにはなれないのよっ! その点私は混じりっ気なしの純度100%乙女ですからね〜。一応じゃなくて100%ヒロインなのよ!」
ミルーシェ:「どこにキレてるんだよ! あと、さり気なく倍返しするのやめようよ〜!(泣)」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ