この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

ときぐろ

シ   オ:「久々の更新になってしまったね」
ミルーシェ:「うん、そうだね……ってあれ? シオ意識不明の重体なんじゃ」
シ   オ:「ふっ。俺をよく見てごらんよ」
ミルーシェ:「……す、透けてる〜! え?え? 何これ。やばいやつじゃん!」
シ   オ:「うるさいなぁ。ただの幽体離脱じゃないか」
ミルーシェ:「い、いいいやいや。むしろ、どうしてそんなに落ち着いていられるんだよ!」
シ   オ:「よくあることじゃないか。気にするなよ」
ミルーシェ:「よくあるの? シオって実は激しく霊感が強いんじゃ……」
シ   オ:「今の俺が見えるミルも、実は霊感が強いってことになるよね」
ミルーシェ:「……考えるのやめよう。うん、やめよう」
シ   オ:「あ、そうそう。次回の更新も、ちょっと遅くなるかもしれないそうだよ」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ