この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

ときぐろ

ミルーシェ:「もしかして、皇帝は若い時カッコよかったの?」
シ   オ:「さぁ…どうだろうね、昔から太ってたみたいだけど」
ミルーシェ:「じゃあ、やせたらカッコよくなるのかなぁ」
シ   オ:「ミル、何でそんなことを?」
ミルーシェ:「シオもハルク皇子もイケメンだし、体格がそっくりだからさ。異母兄弟ってことは、二人とも父親に似たのかな?って思って」
シ   オ:「……俺は母さん似だよ」
ミルーシェ:「そうなんだ?」
シ   オ:「そうなんだ。母さんは小柄で目がくりっとしてて、かわいい人だったんだ。そう、ミルみたいな感じで!」
ミルーシェ:「ってことは…シオ、絶対に父親似だよね?」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ