この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

ときぐろ

ミルーシェ:「閲覧、ありがとうございます!」
シ   オ:「俺の知らないところで、まさかこんなやり取りがあったとはね」
ミルーシェ:「そうだよ〜。僕の影の努力、少しは褒めてよ」
シ   オ:「じゃあ、頭をよしよししてあげやう」
ミルーシェ:「げっ。そういうのはいらない……」
シ   オ:「遠慮しなくていいのに」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ