この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

ときぐろ

ミルーシェ:「作者、明日からしばらく忙しいんだって」
シ   オ:「つまり、しばらく更新できないって話だよね」
ミルーシェ:「うん。そうみたい」
シ   オ:「ははっ、今更だなぁ」
ミルーシェ:「え?」
シ   オ:「そんなの、いつものことじゃないか。しかも告知なしで」
ミルーシェ:「あー……確かにそうかも? 今更告知なんて、どういう風の吹き回しだろうね」
シ   オ:「さてね。気まぐれじゃない? 『やっぱり更新しました』とかやりそうだし、告知なんて無駄ムダ」
ミルーシェ:「手厳しいね、シオ」
シ   オ:「そうかい? だって考えてごらんよ。作者がしばらく忙しいのは、どうせスケジュールのヨミを誤って仕事が重なったせいだろうし、現実逃避して『こっちを更新しよ〜』って仕事から逃げるのが関の山。同情の余地はないね」
ミルーシェ:「ううっ。なんか心に突き刺さるんだけど……」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ