この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
千秋「あー、暇。暇すぎてそろそろユキを殺しそう」
あすか「え、なに唐突に」
千秋「今さー、マナからの依頼終わっちゃったし、皐月ちゃんのもひと段落ついたし仕事ないの」
あすか「……じゃあ、睡眠時間にしたら?寝不足でしょ」
千秋「そうか!わかった!」
あすか「なにこのなにもわかってない感」
千秋「ユウトが盛ってるの一回も見たことないんだよね、ちょっと見てくる!」
あすか「待て待て待て待て!それはやめたほうが良い」
千秋「えー、じゃあ、サユナとユキの見てくるか」
あすか「趣味悪すぎてなにも言えない」
千秋「最高の褒め言葉だよー」
あすか「医者してる時のあの表情で過ごしてほしい」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ