この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
ユキ「ちょっと、先生」
風音「何」
ユキ「また私のはちみつ取ったでしょう!」
風音「あ、バレた」
ユキ「バレたじゃないですよ!ヨーグルト食べようと思ったらないんですもん!絶対先生しかいない」
風音「悪いって。ちょうど切れてて。天野、任務でいなかったし」
ユキ「もー!ワイルドハニーか皇蜜補充しておいてくださいよ!」
風音「はいはい。サツキと今度旅行行ってくるから買うよ」
ユキ「え!何それ羨ましい」
風音「一緒に行く?サツキが天野誘いたいって言ってたし」
ユキ「行きたいです!全部先生のおごりで」
風音「……まあ、いいけどさ」
ユキ「神谷分もお願いしますね」
風音「いや、それは自分で出して欲しい」
あすか「え、なんでこいつらこんな親しくなってるの」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ