この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます!」
マナ「酒を持ってこーい」
あすか「わ!なんですか急に」
マナ「アルコールが足りない……」
あすか「いや、多分あなたに足りないのは睡眠です」
マナ「アルコールだ!」
あすか「睡眠!」
マナ「アルコール!」
あすか「睡眠!」
サユナ「オレの愛情が足りなかったかな?」
あすか「睡眠!……え、突然のサユナ」
マナ「違う!アルコールが!」
サユナ「はいはい、そうだね。オレのほしいよね」
マナ「違う!アルコール」
サユナ「ウンウン。たくさん可愛がってあげる」
マナ「違う!アルコールが……」
あすか「……なんだか風音先生に近い抵抗の仕方するよね、マナ皇帝って」
サユナ「ね、可愛いよね」
あすか「……少し休んでくださいね」
サユナ「任せて、こういうの得意」
あすか「今日はサユナさんが頼もしく見えるよ」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ