この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
千秋「はー、疲れた」
あすか「今回だけは千秋の活躍が見事だったと言わざるを得ない」
千秋「えー、本当?頑張った甲斐があったよ」
あすか「うんうん、マナも放心状態だったし、国民にも伝わってたし」
千秋「えー嬉しいなあ」
あすか「たまにはいいことやるじゃん」
千秋「えへへ、嬉しいなあ。そうやって褒められると」
あすか「それだけのことを千秋はやってるからね」
千秋「まあね。ユキにも協力もらったし」
あすか「……待って。今ユキは精神状態不安定だから協力はないぞ」
千秋「楽しかったなあ、ユキがキメラになったときの解剖!キメラに関する研究が大きく進歩したよ」
あすか「……話が食い違ってたことに今気づいて辛い」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ